雪が降る中、電車の到着を待つ人たち=23日、福井市中央1丁目

 福井県内は1月23日、低気圧の影響で風の強い一日となった。福井地方気象台によると、冬型の気圧配置は24日にかけてさらに強まり、同日の福井市は最高気温が氷点下の真冬日になると予報。県内全域でまとまった雪も予想され、同気象台では雪による交通障害や高波、落雷、竜巻などの激しい突風などに注意を呼び掛けている。

 24日午後6時までの予想降雪量は多いところで奥越80センチ、嶺北の平地50センチ、山地70センチ、嶺南の平地30センチ、山地50センチの見込み。25日も強い冬型となり、今後1週間は最低気温が氷点下の日が続くとしている。

 福井鉄道は24日の高速バス「若狭ライナー」(道の駅若狭おばま-近鉄なんば駅)を全便運休とした。

 23日は強風の影響で、JR北陸線で普通24本、京都・大阪、名古屋方面の特急50本が運休。JR福井駅では乗客らが精算所に列をつくり、駅員が対応に追われた。

関連記事
あわせて読みたい