スタートする福井の1区川口慧(20)=21日、広島市平和記念公園前

 第23回全国都道府県対抗男子駅伝が21日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、福井県選抜は2時間25分15秒で33位だった。昨年の40位を上回り、タイムも1分23秒縮めたが、目標の20位台には及ばなかった。

 福井は1区の川口慧(美方高)が19位で2区につなぐ好スタート。23位でたすきを受けた3区のエース早川翼(トヨタ自動車)=美方高出身=は区間16位の力走で、再び順位を19位に戻した。4区以降は我慢の展開。少しずつ順位を下げ、7区アンカー紺野凌矢(駒沢大)=鯖江高出身=が33位でフィニッシュした。

 埼玉が3年ぶり2度目の優勝を果たした。

関連記事
あわせて読みたい