20日、ワシントンでトランプ米大統領に対する抗議デモに集まった群衆(共同)

 20日、米ワシントンのホワイトハウス前でトランプ大統領に抗議するデモ隊(共同)

 20日、ニューヨークで行われたトランプ大統領に抗議する大規模なデモで掲げられた、ロシアのプーチン大統領にあやされるトランプ氏が描かれたプラカード(中央)(共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が就任1年を迎えた20日、全米主要都市でトランプ政権への抗議デモが行われ、米メディアによると参加者は計100万人を超えた。連邦政府機関は20日から一部閉鎖され、共和、民主両党は閉鎖の責任を巡り非難合戦。11月の中間選挙に向けてトランプ氏は重要公約の実現を目指すが、波乱の2年目の幕開けとなった。

 抗議デモは、昨年の政権発足翌日に米史上最大級のデモ「女性大行進」を行った団体が企画、中間選挙への女性の積極参加も呼び掛けた。参加者はトランプ氏が人種差別的で女性を侮辱していると非難。トランプ氏の1年に「ノー」を突き付けた。

関連記事
あわせて読みたい