名前をインターネットで検索すると犯罪に関わっているかのような結果が表示されるとして、男性がヤフーに結果の削除を求めた仮処分申請で、東京高裁がヤフーによる名誉毀損の成立を認めて削除を命じていたことが19日、分かった。

関連記事
あわせて読みたい