【ニューヨーク共同】仮想通貨「BCC」を扱う業者ビットコネクトは16日、運営する仮想通貨取引所を閉鎖すると発表した。米テキサス州とノースカロライナ州から業務停止命令を受けたことや、外部からのサイバー攻撃で運営に支障が出たことを理由としている。米メディアによると3日以降は取引価格が65%下落していた。

 テキサス州によると、ビットコネクトは英国に拠点がある。最大で月40%の利益を生む金融商品もあり、州当局は4日、業者として登録せずに有価証券を販売していたとして業務停止命令を出した。

関連記事