20位台を目指し、練習する福井選抜の中高生選手=滋賀県立彦根総合運動場陸上競技場

 第23回全国都道府県対抗男子駅伝は21日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48キロで行われる。前回40位の福井は、美方高出身のエース早川翼(トヨタ自動車)を中心に巻き返しを図り、4年ぶりの20位台を目指す。

 林裕樹監督は「前半で流れに乗りたい」と1~3区を重視。1区(7キロ)は高校生エースの川口慧(美方高)が3年連続で走りそう。全国中学校駅伝の1区11位と好走し、2区(3キロ)の起用が見込まれる田中悠登(武生二中)とともに期待がかかる。

 3区(8・5キロ)は、ふるさと選手の早川に託す。元日の全日本実業団対抗駅伝で最終7区の区間賞を獲得するなど好調を維持。主将としてチームをけん引する頼もしい存在だ。

 高校生区間の4区(5キロ)と5区(8・5キロ)は、井上泰志(鯖江高)清水悠雅(同)谷口蓮(美方高)から調子の良い選手を充てる。中学生は、田中を含む3人が3000メートルの今季自己ベスト8分台。田鳥創太(勝山南部中)と廣瀬啓伍(三国中)が6区(3キロ)の座を争う。

 4~6区で粘り、最終7区(13キロ)を走る鯖江高出身の紺野凌矢(駒大)につなぎたい。アップダウンに強く、長い距離が得意。年始の箱根駅伝を走れなかった悔しさをこの大会にぶつける。

 2012年の9位が最高の福井は15年途中棄権で順位がつかず、16年36位、17年40位と厳しい戦いが続く。再建を担う林監督は「男子駅伝復活の第一歩にする大会」と位置づけている。

関連記事
あわせて読みたい