マルカワみそがダイドードリンコと開発した即席みそ汁=福井県越前市杉崎町

 マルカワみそ(本社福井県越前市杉崎町、河崎宏社長)は、自家製みそをフリーズドライ加工した「老舗の味わい おみそ汁」を、ダイドードリンコと共同開発した。即席食品ながら、みそ本来の味わいと香りがあるのが特長という。

 ダイドードリンコからの提案で商品化した。木のおけで約1年間寝かせた天然醸造の合わせみそを使用し、ダイドードリンコが手掛ける健康志向食品「ヘルスケアプラス」の一つとして昨年12月に発売した。

 マルカワみその河崎紘一郎専務は「国産の有機大豆を使ったこだわりのみそ。豊かな風味と香りを楽しんでほしい」と話している。

 具はナメコとナスの2種類。5食ずつ計10食のセットで1728円(税込み)。ダイドードリンコの通信販売サイトで購入できる。19日からはマルカワみそ店頭でも扱う。問い合わせは同社=電話0778(27)2111。

関連記事