磁気治療器の預託商法を展開したジャパンライフ(東京)が昨年末、2千億円超の負債を抱えて事実上倒産した問題で、顧客の弁護士らが東京地裁に同社の破産を申し立てる方針を固めたことが17日、分かった。

関連記事
あわせて読みたい