福井県内の私立高校の推薦出願結果

福井県内の私立高校のスポーツ・文化選抜出願結果

 福井県内の私立高6校(北陸、仁愛女子、福井工大福井、啓新、敦賀気比、福井南)の2018年度推薦入試、スポーツ・文化選抜入試の願書受け付けが1月16日、締め切られた。推薦は募集人員589人に対し642人が出願し、志願者倍率は1・09倍となった。スポーツ・文化選抜入試は募集330人に385人が願書を出し、倍率は1・17倍。

 推薦では福井工大福井が募集126人に対し、新たに47人が出願し166人となり、倍率は1・32倍となった。仁愛女子が募集126人に対し、1人増えて158人となり、1・25倍。敦賀気比は募集62人に63人、啓新は募集87人に71人、北陸は募集124人に89人が願書を出した。

 福井国体などを見据えたスポーツ・文化選抜は、福井工大福井が募集97人に対し、新たに15人が出願し141人。北陸は募集120人に131人、啓新は募集50人に58人、敦賀気比は募集21人に26人などとなっている。

 定時制の福井南に新たな出願はなく、推薦95人、スポーツ・文化選抜入試1人の出願で確定した。

 22日に学科試験、面接などが行われ、24日に各中学校を通じて合格通知する。

関連記事
あわせて読みたい