福井県立病院陽子線がん治療センターの治療装置=福井市

 また、公的保険の適用で民間医療保険の先進医療特約が使えなくなることから、かえって自己負担が増える可能性もある。

 【粒子線がん治療】 水素や炭素イオンを加速してがんの病巣に照射する、放射線治療の一種。粒子線はピンポイントでがん細胞に照射できることが特長とされ、体にやさしいがん治療を売りにしている。県立病院陽子線がん治療センターは2011年に開所し、17年末までに986人の患者を受け入れている。

関連記事