日本製紙は16日、子会社の北上製紙(岩手県一関市)が7月末で全事業から撤退すると発表した。原料価格高騰で収益環境が厳しく、事業継続は困難と判断した。今後は従業員の再就職を支援する。

関連記事
あわせて読みたい