福井1区大同美空(右から2人目)からたすきを受ける2区藤井結愛(同3人目)=京都市内の第1中継所

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、福井県選抜は2時間25分18秒で40位だった。前回から順位を四つ上げ、タイムも3分以上縮めたが、3年ぶりの30位台には一歩及ばなかった。

 福井は1区の大同美空(岩谷産業)=敦賀気比高出身=が先頭集団に食らいつき、11位でたすきを渡す好スタートを見せた。しかし2区で30位台まで順位を下げると、浮上できないまま第5中継所では43位まで落とした。

 6区以降は順位を落とさない粘りの走り。41位でたすきを受けた9区アンカー平井恵(キヤノンAC九州)=美方高出身=が順位を一つ上げフィニッシュした。

 兵庫が14年ぶり4度目の優勝を果たした。

関連記事