大学入試センターによると、13日にセンター試験を実施した大阪学院大で、英語のリスニング試験中に試験監督者による対応の誤りがあったことが分かり、44人が新たに再試験の対象となった。

関連記事
あわせて読みたい