香港立法会補選への出馬を表明した周庭氏(中央)=13日、香港(共同)

 【香港共同】2014年に香港で起きた大規模な民主化要求デモ「雨傘運動」を主導した学生団体の元幹部で、政党「香港衆志」の常務委員、周庭氏(21)は13日、3月11日の立法会(議会)補選への出馬を宣言した。

 補選は、16年の前回立法会選で当選した香港衆志の羅冠聡主席ら中国に批判的な民主派議員らが、規定通り就任宣誓しなかったとして議員資格を取り消されたことを受け、4議席を対象に実施される。

 補選では、選管当局が「香港独立」志向と見なした候補の出馬を認めない可能性があり、周氏が出馬できるかは不確定だ。

関連記事
あわせて読みたい