イスラム教徒少数民族ロヒンギャの話を聞く河野外相(右端)=13日、ミャンマー西部ラカイン州のマウンドー(共同)

 【マウンドー共同】河野太郎外相は13日(日本時間同)、イスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害が伝えられるミャンマー西部ラカイン州の主要都市マウンドーを視察した。バングラデシュに逃れた60万人以上の難民帰還に向け、現地の状況を把握して日本の支援策に反映させる狙いだ。

 日本外務省によると、昨年8月にロヒンギャの武装集団とミャンマー治安部隊が衝突した後、外国の閣僚がこの地域を訪れるのは初めて。河野氏は記者団に「不安なく、融和して住める状況をつくることが大切だ。生活環境の改善にもしっかり対応したい」と述べた。

関連記事
あわせて読みたい