雪が降る中行われた除雪作業=13日午前10時20分ごろ、福井市木田1丁目

 北陸地方の上空約5500メートルには、氷点下36℃以下の寒気が流れ込み、福井県では14日明け方にかけて降雪が強まり、大雪となる所がある見込み。13日午後4時現在の積雪の深さは大野市九頭竜156センチ、大野市96センチ、福井市69センチ、越前市武生35センチ、南越前町今庄50センチ、敦賀市26センチとなっている。嶺北南部(鯖江市、越前市、池田町、南越前町)には一時大雪警報が出された。

 気象庁によると14日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、嶺北平地30センチ、同山地60センチ、奥越60センチ、嶺南平地30センチ、同山地40センチ。

 雪の影響で交通機関には13日に続き大幅な乱れが発生している。JR西日本によると午後6時現在、北陸本線は普通列車が29本運休、特急サンダーバード、しらさぎは区間運休を含め24本が運転を取り止め、そのほかも大幅に遅れて運行している。

 えちぜん鉄道は午後5時現在、三国芦原線の新田塚―三国港間、勝山永平寺線の勝山―山王間で運転を見合わせている。

 福井鉄道は午後5時現在、除雪車両運行のため福武線全線で運転を見合わせている。

 福井県内の高速道路では中部縦貫道下り線勝山インターチェンジ(IC)―大野IC間が事故のため5時間にわたり通行止めとなった。

関連記事