【10年前のきょう・2008年1月14日】おおい町体協と同町バドミントン協会は十四日、三洋電機バドミントンチームのメンバーを招いて総合町民体育館で実技講習会開いた。小学生から一般までの180人が参加し、国内トップクラスの技術や練習方法を学んだ。

 同チームは日本代表で「オグ・シオ」の愛称で知られる小椋久美子、潮田玲子両選手らが所属し、昨年は日本リーグ6連覇を果たした国内屈指の強豪チーム。この日は、チームのマネジャーを務める増茂孝枝さんと、ジュニア選手の育成を担当する本間亜矢子さんが訪れ、指導に当たった。

関連記事