富山県射水市の駐車場で12日、エンジンをかけたままの車内でぐったりしている男性(60)が見つかり、その後死亡が確認された。富山県警は、雪で車のマフラーがふさがれたことによる一酸化炭素中毒の可能性もあるとみて調べている。

関連記事
あわせて読みたい