12日午後5時50分の雲画像(気象庁HPより)

 冬型の気圧配置の影響で、12日も日本海側を中心に大雪となった。福井地方気象台によると、冬型の気圧配置は13日にかけて続く見込みで、福井県の嶺北地域では12日夜遅くにかけて、嶺南地域では12日夜の初めごろから13日明け方にかけて、大雪による交通障害に警戒するよう呼びかけている。

 12日午後6時から13日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、嶺北と嶺南の平地で40センチ、山地で60センチ。奥越で70センチの見込み。

 同気象台によると、北陸地方の上空約5500メートルに氷点下33度以下の寒気が流れ込んでいる。12日朝は、大野市で氷点下6.8度、南越前町今庄で氷点下5.4度、小浜市で氷点下3.8度、福井市で氷点下2.2度など、県内10観測地点のうち9地点で今季最低気温を観測した。

 12日午後5時現在の積雪の深さ(アメダス速報値)は、大野市九頭竜157センチ、大野81センチ、福井47センチ、南越前町今庄28センチなどとなっている。

関連記事