【10年前のきょう・2008年1月13日】新春寄席「桂三枝独演会」(福井新聞社主催)が十三日、福井市文化会館で開かれた。老若男女約千人の観客が笑いの渦に包まれた。

 若手落語家に続き、薄紫色の着物を着た三枝さんが登場すると、会場からは歓声と大きな拍手がわき起こった。二○○六年に紫綬褒章を受章した際、贈呈式で天皇にお祝いの言葉をいただいたときの話を披露。緊張のあまりうまく話せなかった当時の体験を身ぶり手ぶりで再現し、早速観客の笑いを誘った。

関連記事
あわせて読みたい