ワイプラザグルメ館松本店=福井市松本3丁目

 食品スーパーなどを展開するヤスサキ(本社福井市新保北1丁目、安崎昌治社長)は4月から、同社運営の店舗でTポイントサービスを導入する。福井県内に本社のある小売業の導入は初めてで、このほど、Tポイント・ジャパン(東京)と同サービスに関する契約を締結した。幅広く利用可能なTポイント導入で顧客層の拡大につなげたい考え。

 Tポイント・ジャパンによると、Tポイントは6443万人が利用。県内では36万人が加入している。

 同社が運営するスーパー「グルメ館」、衣料・雑貨専門店「ファッションプラザ・ワイワイプラザ」、ホームセンター「ヤスサキワイホーム・ホームセンター」の計34店舗で利用できる。同社はTポイント・ジャパンの代理店として、Tポイントのデータベースを活用したマーケティングなどを進めるほか、中小企業の店舗にTポイントサービス導入を勧める営業も実施する方針で、県内の“Tポイント経済圏”拡大を目指す。

 Tポイントは200円(税別)につき1ポイント付与され、1ポイントは1円分として使える。ヤスサキのワイカードの新規発行は2月末に終了し、3月からTカードを発行する。ワイカードでためたポイントは、Tポイントに移行できる。

 ヤスサキは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がチェーン展開するDVDレンタル店「TSUTAYA」にフランチャイズ加盟しており、現在は県内4店舗でTポイントが利用できる。

関連記事