「疲れない体づくり」のために一般の人でもすぐにできる「5つの習慣」を、葛西選手が紹介(撮影:今井康一)
 
史上最多の計7回の冬季オリンピックに出場し、スキージャンプ選手として20年以上のキャリアをもつ葛西紀明選手。
41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、45歳の今なお一線級の成績をマークする葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が35年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた新刊『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』が発売され、早くも5万部を突破するベストセラーとなっている。
どうすれば、40代になって「過去最高の自分をつくり出す」ことができるのか? 何をすれば、いくつになっても「人生のピークを更新する」ことができるのか? 新刊の内容を再編集しながら、その極意を紹介していく。

20代と40代で「努力の仕方」を変える

40代は一般的に「体力や気力が衰えていく年代」と言われています。「いつも使っていた階段がつらくなってきた」「ちょっと走っただけですぐ息切れする」など、40歳を過ぎたあたりから「以前に比べて体がついてこなくなった」という話もよく聞きます。

私自身も20代の頃は、がむしゃらに筋トレに励んでいました。しかし、30代を過ぎた頃から、「がむしゃらに努力するだけでは、いい結果につながらない」ことに気づいたのです。

そこで私は、「年齢に見合った方法」に日々のトレーニングを切り替えたのですが、その中心に置いたのが「疲れない体づくり」です。「『慢性的な疲れ』が『衰え』につながっていく」ことに実感として気づいたからです。

41歳で自己最高の「個人銀メダル」を取ることができ、45歳になっても現役生活を続けている大きな理由の1つは、「疲れない体づくり」をつねに意識するようになったからだと思います。

 

では、「疲れない体づくり」のために、私は何を心掛けているのか。私自身が実践していることの中で、一般の人でもすぐ日常でできる「5つの習慣」を紹介したいと思います。

まず、私が気をつけているのは、「姿勢を整える」ことです。姿勢がよくないと、それだけで、疲れを感じやすくなるからです。

■東洋経済オンラインの関連記事■
40代でも「姿勢」は良くなる、寝る前3分改善法
「疲れが慢性的な人」が知らない運動の新常識
男性こそ「開脚ストレッチ」をやるべき理由

関連記事