ミニゲームで汗を流すサウルコス福井の選手たち=10日、福井市東体育館

 サッカー北信越リーグ1部のサウルコス福井は10日、福井市東体育館で今季初練習を行い、新たなシーズンをスタートした。望月一仁監督は「JFL(日本フットボールリーグ)昇格、福井国体優勝を目指して戦う」と決意を示した。

 残留組をはじめ選手14人が参加。ストレッチやパス練習で体をほぐした後、ミニゲームでは声をかけ合いながらボールの感触を確かめた。

 昨季は北信越リーグ1部で2年ぶりに優勝したが、JFL昇格が懸かった11月の全国地域チャンピオンズリーグで1次ラウンド敗退。昨季主将を務めた川邊裕紀は「個々のレベルをもっと上げてチーム一丸となって戦いたい」と力強く話した。今後は練習試合などを行い、4月の北信越リーグ1部開幕に備える。

関連記事