「三好不動産」でLGBT支援に取り組む原麻衣さん。勤務先のドアにはLGBT支援を示す虹色シールが貼られている=福岡市

 自治体や企業などが性的少数者(LGBT)への支援を広げる中、福岡市の地場大手「三好不動産」が賃貸住宅探しの手助けに乗り出している。偏見をなくすための社内研修を重ね、当事者が仲介店舗を訪れやすいよう環境を整備した。利用者からは「安心して相談できる」と好評で、徐々に広がりを見せている。

 「知識がないから怖いと感じる。学ぶことで変えられる」。2017年12月、春の繁忙期に備えた研修会で、講師役の原麻衣さん(37)が仲介店舗の社員約100人に呼び掛けた。参加した永吉咲希さん(23)は「適切に接客できるようにしたい」と力強く話した。

関連記事
あわせて読みたい