【10年前のきょう・2008年1月8日】韓国・黄海で起きたタンカー原油流出事故で、原油が漂着した韓国中部にある忠清南道の李完九(イ・ワング)知事らが八日来福、十一年前に同様の重油災害に遭った坂井市三国町の現地視察などを行った。回収作業の国、自治体の役割分担や補償交渉などについて聞き取り調査。特に漁業者や観光への補償について強い関心を示し、県や同市担当者から詳細なアドバイスを受けた。

 視察団は李知事、忠清南道の道議員ら十二人。七日に来日し環境省を訪問、この日小松空港から本県入りした。

関連記事
あわせて読みたい