【論説】北朝鮮の真意がどこにあるのか、9日に板門店で開催される南北高官級会談をまずは注目したい。平昌冬季五輪への代表団派遣に関する話し合いが主とみられるが、緊迫化する朝鮮半島情勢が対話局面へ向かう一歩になる可能性もある。

 ただ、北朝鮮が核・ミサイル開発の継続など一方的な主張を繰り返すだけの場になれば、次はないだろう。韓国は北朝鮮のお先棒を担ぐばかりなら、相手の思うつぼだ。日米との連携を密にしながら、出方を慎重に見極めるべきだ。

 金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が元日の「新年の辞」で、平昌五輪への参加とともに南北関係改善への意欲を表明。一方で米韓合同軍事演習の中止を求めた。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領はトランプ米大統領との電話会談で、2〜3月の五輪・パラリンピック期間中は演習を行わないことで合意した。

 文氏が対話に前のめりになる背景には、もともと対北融和路線を掲げて誕生した政権であり、これまで再三対話を求めてきたが、無視され続けた経緯がある。外交の場で存在感が薄かったため、今回の提案は起死回生の好機で、飛びついた格好だ。それだけに浮足だっている感が否めない。

 金委員長は新年の辞で「核のボタンが私の事務室の机上に常に置かれている」と威嚇、核弾頭と弾道ミサイルを量産し実戦配備に拍車を掛けるよう指示。韓国側は会談で五輪参加に加え南北の「関係改善問題」を扱うとしているが、北朝鮮が核・ミサイルを放棄するつもりは全くなく、米国に「核保有国」として認めさせ、体制維持を図ることが不変なのは明らかだ。

 韓国がそこから目をそらし北の要求を丸のみし、さらには米朝対話を取り持つ役回りになってしまうことはないのか。日米韓の分断にもなりかねない。韓国は核を持った隣国と共存するつもりなのか、と言いたくなる。どういった戦略を持って会談や対話に臨むのか、説明すべきだ。

 北が会談に同意したのは、国連の制裁決議などがかなり利いてきているためとみられる。韓国を取り込むことで国際的な包囲網に風穴をあけ、核・ミサイル開発の時間稼ぎを狙っているとの指摘もある。会談が不調に終わった際には、核・ミサイル実験の口実にもしてくるだろう。

 トランプ氏は「米国は100パーセント、文大統領を支持する」としているが、会談の行方次第で軍事力行使に動く懸念もある。

 日本は五輪中の米韓演習見送りに関し「圧力強化の動きを損なうものではない」(菅義偉官房長官)と静観する構え。だが、韓国の独断専行に少なからず警戒感を持っているはずだ。

 北朝鮮の五輪参加は異議を唱えるものではないが、問題はその後だ。一気に事態が暗転しかねない恐れがある。日米は南北対話を注視する必要がある。北のシナリオに韓国が踊らされないよう、目を光らせるべきだ。「一時休戦」で終わらせないような連携が重要になってくる。

関連記事
あわせて読みたい