交通事故死者数の推移(警察庁まとめ)

 2017年1年間の全国の交通事故死者数が前年より210人少ない3694人となり、統計が残る1948年以降で最少となったことが4日、警察庁のまとめで分かった。最多だった70年の1万6765人と比べ、ほぼ5分の1まで減少した。これまでの最少は49年の3790人で、記録の更新は68年ぶりとなる。人口10万人当たりでは、福井の5・88人が最多で、最少は東京の1・20人だった。

 交通事故死者数は、70年のピークから減少して、いったんは1万人を割ったが、88年からは再び1万人超えが8年続き、その後は減少傾向となった。約70年前に30万台程度だった自動車保有台数は現在、8千万台以上。

 警察庁によると、昨年の死者数のうち65歳以上の高齢者は2020人で、前年より118人減少したが、全体に占める割合は過去2番目となる54・7%と依然として高水準で推移している。

 飲酒による死亡事故は2015年と同じ201件で、前年より12件(5・6%)減った。90年以降では最少だった。

 警察庁の担当者は、道交法の改正や交通安全教育の充実、交通指導取り締まりの推進など「総合的に取り組んだことが要因」と分析している。

 都道府県別の死者数では、愛知の200人が最多で、埼玉が177人、東京が164人と続いた。最少は島根の17人、次いで鳥取26人、高知29人だった。福井は46人。

 昨年11月末までに発生した死亡事故の分析によると、状態別では歩行中が1171人で最も多く、前年同期との比較では12人(1・0%)減だった。次いで自動車に乗車中が1106人で、102人(8・4%)減。自転車乗車中は436人で、12人(2・7%)減だった。

関連記事
あわせて読みたい