作陽―福井工大福井 後半、CKを頭で合わせてゴールを狙う福井工大福井・小林和音(右手前)=兵庫県の神戸ユニバー記念競技場

 【全日本高校女子サッカー 福井工大福井1(PK4―5)1作陽】

 破竹の勢いで突っ走ってきたが、決勝進出まであと一歩だった。ベスト16が最高成績だった福井工大福井。積極的な守備と、素早い好守の切り替えを武器に貪欲にゴールを狙い続け、粘り強く戦った。「全部出し切った」と選手たち。完全燃焼してつかんだ堂々の3位だった。

 「自分たちよりも強い相手ばかり。でも、勝てると思っていた」。主将の坂元茉耶が言う通り、この日も開始直後から積極的なプレーで主導権を握った。相手への寄せも速い。全員が連係しチームのためにと献身的だった。

 好機を逃さなかった。前半13分、CKを獲得。蹴るのは大会を通してキッカーを任されていた村上賀梨。その正確無比なボールに、エース小林和音が頭で合わせ鮮やかに先制した。

 得意のパターン。「CKからの得点で勢いに乗れるはずだった」(久保直也監督)。しかし、その後はロングパスをカットされ、寄せも素早く修正してきた相手に守備が引き気味になった。流れが傾き始めると後半23分、セットプレーから失点。PK戦で涙をのんだ。

 「久保監督を日本一の監督にする」(坂元主将)という目標は果たせなかった。「悔しい。けど、90分を楽しめた」と小林。最高成績を大きく塗り替えたイレブン。PK戦直後、涙にくれた選手たちは徐々に充実感に満たされ、笑顔が戻っていた。

関連記事