キャッチボールする巨人のドラフト1位ルーキー、鍬原拓也投手=奈良県橿原市

 巨人のドラフト1位ルーキー、鍬原拓也投手(福井・北陸高出身、中央大)が3日、中学時代に所属したリトルシニアのチームが拠点にしていた奈良県橿原市内のグラウンドで始動した。6時間以上の走り込みなどで屈強な体の礎を築いた原点の地で「今年から勝負。1年間をけがなく過ごして、最終的には新人王を取れたらいいなと思う」と表情を引き締めた。

 150キロを超える速球が武器で先発として期待されている。昨秋のリーグ戦終了後から約2カ月間は休養させるために投球練習を控えているそうだが、この日はキャッチボールやネットスローを精力的にこなした。

 9日からの新人合同自主トレーニングで夢見たプロ生活が始まる。グラブやスパイクを新調し、気分も一新させ「一日中野球ができる。いろんなことを試したい」と声を弾ませた。

関連記事