投票を行う市民=福井県

■2市4町で市町議選

▽坂井市

 定数26。現職のうち3人が不出馬を表明し、さらに増える可能性もある。三国、丸岡町の両地域では新人出馬の動きが表面化している。他の地域でも動きが活発化するとみられるが、現時点では少数激戦になるとの見方が多い。

▽越前市

 定数22。現職22人のうち3人が引退を検討している。ベテランを中心に態度を明らかにしていない議員もいるが、大半は出馬の意思を示している。立候補を模索する人もおり、今後活動が本格化するとみられる。

▽美浜町

 定数14。昨年1人が死去したため欠員が出ている。現職13人のうち1人は引退の意向を示しているが、大半は立候補するもよう。後任候補の擁立を模索する議員もいる。

▽おおい町

 議員の死去に伴う補選で欠員1。出馬の動きはまだ表面化していない。

▽南越前町

 定数14。現職14人の大半が立候補するとみられる。出馬を模索する新人の動きも複数ある。

▽永平寺町

 定数が4減の14になり初の選挙。昨年1人が死去し欠員となっているほか、数人が出馬しない意向とみられる。

関連記事