吉田松陰の兄・杉梅太郎宛てに書かれた梅田雲浜の直筆書簡=山口県萩市の萩博物館

【書簡の現代語訳】

 まだ、あなたのお考えをうかがっていませんが、お手紙を書かせていただきます。とても寒くなりましたが、ご健康でお変わり無くお過ごしになさっている事と、お喜び申し上げます。

 さて、私(梅田雲浜)は、長州藩京都藩邸の宍戸九郎兵衛様と会って相談した結果、萩に赴くことになりました。

 昨晩、周防国の戸田に着きました。少々用事がありますので、それが終わり次第、出発し16日には萩に着く予定です。萩での宿は、河原町の三笠屋新平さんです。しかし宿の滞在日数は、どういたしましょうか。このことについて弟さん(吉田松陰)と同志の方々と相談して決めていただき、三笠屋さんへお伝え頂くようにお願い申し上げます。

 手紙にて細かいことまで述べてしまいました。失礼します。

 12月11日 梅田源二郎 杉梅太郎様

関連記事