福井工大福井の選手たち=あわら市の福井工大あわらキャンパス

 【全日本高校女子サッカー準々決勝・福井工大福井1(4PK2)1大阪学芸】PK戦2人目。福井工大福井のGK河合茉奈が止めた1本が流れを引き寄せた。「緊張していたけど、止める自信があった」。左に飛んで弾くと右手でガッツポーズ。笑顔でチームのキッカーたちを鼓舞した。

 大阪学芸は前の試合をPK戦で勝ち上がってきた。そのときの情報を参考に「ここで止めて、みんなを安心させたい」と気合を入れた河合は読み通りに完ぺきに封じた。

 久保直也監督は「相手攻撃への対応をうまく修正できた」ことも勝因の一つと振り返る。

 立ち上がり、想定外の相手攻撃に後手に回った。細かくつなぐパスサッカーではなく、長いパスを多用した相手攻撃に、ボールを奪えない苦しい時間が続いた。

 先制され、直後に同点に追いつくと、選手たちは冷静になった。互いに声を掛け合い中盤の位置を下げて守備。その後、追加点は奪えなかったが「後半失点する“いつも通り”にならず、守り切ったことが大きかった」と同点ゴールを決めたFW小林和音。指揮官も「相手攻撃にどう対応するか、普段から自分たちで考える練習を続けてきた成果が表れた」と指摘した。

 「目標の日本一」(坂元茉耶主将)へ一歩前進。次戦へ同主将は「立ち上がりから集中していく」と気を引き締め直した。

関連記事