【10年前のきょう・2008年1月3日】小浜市かるた協会「沖の石」のかるた開きが三日、市御食国(みけつくに)若狭おばま食文化館内の町家で開かれた。カラフルな着物や袴(はかま)を着飾った子どもたちが真剣な目つきで札を取り合った。

 子どもたちは、読み上げられる札の初めの言葉に素早く反応。「ビシッ」と激しい音を立てながら、目当ての札を奪い合った。

関連記事
あわせて読みたい