かわいらしい姿で来館者を魅了するオウサマペンギン=1日、福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市の越前松島水族館で、新春恒例のオウサマペンギンとフンボルトペンギンの「初詣」を公開している。愛嬌たっぷりの姿が来館者を楽しませている。1月8日まで。

 このうちオウサマペンギンの初詣は、体長約90センチの7羽が「ぺんぎん館」から広場内に設けた「人鳥(ぺんぎん)神社」まで往復約50メートルを歩いている。

 昨年末からの訓練の成果もあり、7羽は列を組んで高さ約1・4メートルの赤い鳥居をくぐって神社に参拝。途中で愛嬌を振りまくペンギンもいて、カメラやスマートフォンで写真を撮る来館者を喜ばせている。

 1日に岐阜県から家族5人で訪れた大池すみれちゃん(3)は「ペンギンは初めて見た。よちよち歩くのがかわいかった」と満喫した様子だった。

関連記事
あわせて読みたい