【10年前のきょう・2008年1月2日】ヒップポップダンス、BMX(バイシクルモトクロス)など若者に人気のストリートカルチャーを集めたライブイベント「ストリートパレット2008新春 in AOSSA」が二日、福井市のアオッサで開かれた。

 ストリートカルチャーは、米国都市部のストリートで生まれた活動。楽しさと芸術性をアピールしようと、企画集団「scp41」が昨年十月に続いて開いた。

 九分野に五十人以上が出演。一階アトリウムでヒップホップダンスや、アクロバティックに自転車を操るBMXなどのパフォーマンスを次々に披露した。スケートボードでジャンプの高さを競う「ハイオーリーコンテスト」では、ボーダーたちは自慢のテクニックで観客を盛り上げた。

関連記事
あわせて読みたい