【10年前のきょう・2008年1月1日】民営化後初の正月を迎えた福井県内の郵便事業会社で一日朝、年賀状配達が始まり、出発式が行われた。この日県内では約千七百四十万枚が各家庭などに届けられた。

 福井市の同社福井支店で行われた式には、社員やアルバイトら約五十人が出席。中出秀男支店長は「新たにスタートした会社にふさわしく、心を込めて一軒一軒間違いのないように配達してほしい」と激励した。時折雪が降り、積雪で道路事情も悪い中、配達員たちは「和太鼓塾天馬」の迫力ある演奏に送られ、バイクや自転車にまたがり、足元を確認しながら一斉に飛び出していった。

関連記事
あわせて読みたい