午前5時30分ごろ、土砂崩れが発生し、通行止めになっている県道武生美山線=29日、午前11時ごろ、福井市蔵作町

 29日午前5時30分ごろ、福井市蔵作町の県道武生美山線で大規模な土砂崩れが発生した。全面通行止めとなっている。県福井土木事務所によると、二次災害の可能性があるため撤去作業に入れず復旧の見通しは立っていない。けが人はなかった。

 現場から南側の集落は、福井市中心部へ直接つながる唯一の生活道路が完全に遮断。池田町を経由しなければならず、緊急時のための迂回(うかい)路確保工事が急ピッチで進んでいる。

 25日ごろから小規模な落石や表面の滑りなどが断続的に確認されたため同土木事務所が片側通行とし、28日には土砂災害の危険性を示すセンサーを設置していた。29日午前1時半にセンサーが異常値を示したため、全面通行止めとした。

 土砂は高さ約40メートル、延長約40メートルにわたり崩れ、幅7メートルの県道を完全にふさいだ。同事務所は雨や雪解け水で地下水の水位が上昇した影響ではないかとみている。

関連記事
あわせて読みたい