選手権初勝利へ闘志を燃やす北陸イレブン=福井県坂井市三国運動公園

 サッカーの全国高校選手権は30日、東京都の駒沢陸上競技場で開幕する。2年連続5度目の出場となる福井県代表の北陸は、31日の1回戦(東京の味の素フィールド西が丘、午後0時5分開始予定)で日章学園(宮崎)とぶつかる。選手権初勝利に向け、チームの士気は高まっている。

 福井県大会決勝の福井工大福井戦は、積極的で冷静な試合運びで相手の攻撃の芽を摘んだ。ピンチらしいピンチを招かず、2-0で2年連続全国出場を決めた。

 基本布陣は4-2-3-1。積極的にシュートを狙う左のワイド吉田迅杜、右のサイドバック杉村勇輔が攻撃の柱で、サイドから仕掛ける展開に持ち込みたい。ボランチの坂東陽優吾と八木悠斗は、正確で素早いパス回しでゲームメークする。また、左のサイドバック飯田侑真は、コンタクトプレーに強く、ドリブル突破力もある。

関連記事
あわせて読みたい