初優勝を決め、歓喜する男子福井選抜の選手たち=28日、大阪市中央体育館

 バレーボールのJOCジュニア五輪杯第31回全国都道府県対抗中学大会最終日は28日、大阪市中央体育館で男女の準決勝以降が行われ、男子決勝で福井選抜が岡山を2―0で破り、初の日本一に輝いた。

 福井は今夏の全国中学校体育大会(全中)でそろって3位に入った鯖江、足羽の選手を中心に選抜チームを構成。準決勝で広島を2―0で下し、福井県男女を通じて初めて決勝に進出した。

 今大会は粘り強い守りと多彩な攻撃で快進撃を続けた。予選リーグを2連勝の組1位で通過。決勝トーナメントは山形を下した後、強豪の宮城、北海道を撃破し、初の4強入りを果たすなど、福井県のバレーボール史を塗り替えた。
 

関連記事