総合教育会議であいさつする杉本博文町長(右)=27日、福井県池田町能楽の里文化交流会館

 福井県池田町の本年度第1回総合教育会議は27日、同町能楽の里文化交流会館で開かれた。池田中2年生の男子生徒=当時(14)=が今年3月、校舎から飛び降り亡くなって以降、初の総合会議。担任教諭らの厳しい指導を苦にした自殺と結論付けた調査委員会の報告書を重く受け止め、町教育大綱を見直し来年度中にも改定することを決めた。

 杉本博文町長、内藤徳博(なるひろ)町教育長、教育委員の計6人が出席した。非公開で行われ、会議後、杉本町長が「個性に寄り添うのが小規模の町、学校の特徴を生かす教育。一斉型教育でなく、地域全体がチーム池田で子どもを育てるべきではとの話になった」と説明。改定に向けた協議の段階から、町民や学校の意見を取り入れたいとした。大綱再確認の提案に対し、委員からは見直しに前向きな意見が出されたという。

 また「町学校教育環境向上化プラン」と題した町長案を出席者に配布。▽教員や保護者の意見を聞く子育て教育向上委員会「まーるいテーブル会議」▽教育長の下で学校現場の相談役や社会とのつなぎ役を務める非常勤の「教育企画官(仮称)」―の設置を提案した。予定していた内藤教育長の諮問機関「教育・子そだて向上化円卓会議(仮称)」は取りやめを検討する。

 冒頭、杉本町長は生徒の自殺に触れ「二度とこういうことが起きない体制をどう整備するか議論していきたい。地域、家庭、学校の3者が身近になり、より良い教育行政を図りたい」とあいさつした。

 2回目は1月10日に開く予定で、同プラン案を元に実現の可能性などを議論する。実施が決まれば、来年度予算に反映させるという。

関連記事
あわせて読みたい