確定申告をPRする書を揮毫する福井商高書道部員=27日、福井市の同校

 福井市の福井商業高書道部が27日、来年2月16日から始まる所得税などの確定申告をPRする書を揮毫(きごう)した。縦1・95メートル、横3・5メートルの墨彩紙に「確定申告はネットで自宅から」などと書き上げた。

 確定申告の広報のため福井税務署が同校に依頼。2年生の浦彩純(あすみ)部長ら16人が3枚揮毫した。

 税務署職員が見守る中、同校の書道室でパフォーマンス開始。音楽を流し、はかま姿の部員が交代しながら「申告相談は2月16日から」や11月の税を考える週間の広報をしたためた。浦部長は「インパクトある作品ができた。多くの人の目に留まってほしい」と話していた。

 作品は1月4日から3月15日まで、福井市の福井春山合同庁舎1階ロビーに展示される。福井税務署の担当者は「例年、初日と月曜日は混雑する。便利なインターネットでの確定申告をお勧めします」と話していた。

関連記事