◆そもそも木って切っていいの? 

ある時、私が山で木を切っていることを友人に話すと、「え?木って切っていいの?」と驚きました。 確かに小学校の社会科の授業で「木を伐採することは、森林破壊です。森を大切にしましょう。」と先生が言っていた記憶があります。

きこりはむやみに木を切っているのではありません。木の生育を助けるために、木の間引きを行う「間伐(かんばつ)」作業を行っています。

4か月経った今も、復旧されないままの道路

間伐が行われていない森は雨水を吸収する力が弱く、地滑りや土砂崩れが起きやすくなります。私が炭窯を作った芦見地区でも2017年8月の台風で土砂崩れが発生し、道路は1日中通行止めになりました。
とはいえ、みんながチェーンソー担いで「福井の山を守ろっさ!」と森に入って木を切ることは経験がない人にとっては危険です。

関連記事