オードリー・ヘプバーンさんを特集展示している「往年の名作ポスター展」。上段右は配給品、左は手描き=福井市のメトロ劇場

 福井市の「メトロ劇場」が今月から、1950年代以降の映画ポスターを劇場内に展示し、ファンを楽しませている。館主の根岸輝尚さん(41)が今年9月、倉庫を整理中に往年の銀幕スターがカラフルに描かれた手描きの70枚を含めた千枚以上を発見した。手始めに、オードリー・ヘプバーンさんの主演映画を特集。今後も俳優や監督などテーマ別に入れ替えて展示し、映画文化の発信に役立てていく。

 ポスターは、昨秋急逝した輝尚さんの父で、前館主の義明さんが大切に保管していたもので、劇場内の倉庫の奥の棚に平置きしてあるのに気付いた。

 手描きのポスターは、配給品の枚数が限られていたため、一押し作品に限って看板職人が一枚一枚描いていたいずれも「一点もの」。黒澤明監督、三船敏郎さん出演の「羅生門」(1950年)、衣笠貞之助監督、長谷川一夫さん主演の「地獄門」(53年)、オードリー・ヘプバーンさん主演の「ローマの休日」(同)、デニス・ホッパー監督の「イージー・ライダー」(69年)などの名作も多い。

関連記事