レッサーパンダのふんを使った特製しおりと、梅香の写真を載せたポストカード=20日、福井県鯖江市の西山動物園

 受験生よ、“ふん”ばって-。福井県鯖江市の西山動物園はこのほど、レッサーパンダのふんを混ぜた特製しおりを作成した。木から“落ちない”動物であることから験を担いだ。来年1月1~3日、受験生を対象に先着40人に配る。

 職員の手作りで、同動物園のレッサーパンダのふんを消毒し、牛乳パックを再生したパルプと混ぜ合わせた。縦15センチ、横4センチほどの大きさで「合格祈願」と印字されている。消化しきれなかった緑色のササが斑点模様となり趣のあるデザインに仕上がっている。臭いはない。

 6月に生まれた雌の梅香(めいしゃん)の写真を載せたポストカードも50枚用意。「レッサーパンダのいえ」でそれぞれ1組1枚ずつ配る。同園の飼育員は「大人のレッサーパンダが木から落ちるところは1度も見たことがない。志望校に合格できるよう、ぜひ動物園に来て“ウン”を付けてほしい」と話している。

 同園の三が日の開園時間は午前9時~午後4時半。配布は3日間とも午前10時から。

関連記事
あわせて読みたい