中川智和氏

 橋本達也前市長の辞職に伴う福井県あわら市長選に、市内の病院院長の中川智和氏(54)が21日、立候補を表明し「あわら市はもっと発展できる。夢のあるまちにしたい」と意欲を語った。

 経営する病院で会見した中川氏は、取り組む施策として▽行政の合理化へ向けた坂井市との合併▽教育環境の適正化―などを挙げた。農業政策では、農地の集約を進めるため市全体の農業法人を立ち上げるとした。また「北陸新幹線県内延伸は百年に一度の好機。駅にショッピングセンター、レストラン、映画館を誘致する」と語った。

 橋本前市長に対しては「残念な結果に終わったが、優秀な政治家であることは間違いない。自身が市長になったら協力を仰ぎたい」と話した。

 夜間や日曜祝日の議会開催や75歳以上のタクシー無料化、竹田川を生かした観光施策にも意欲を示した。

 中川氏は千葉市出身。東北大卒業後、民間企業を経て米ピッツバーグ大工科大学院修了。その後福井医科大(現福井大)を卒業。県内病院勤務後、2009年から病院院長。

関連記事
あわせて読みたい