みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループという3メガバンクが、大規模なリストラ案を打ち出してほぼ1カ月。半年や1年という短期間ではないものの、これから合計で3万人を超える規模の労働力削減が行われます。事実上の大リストラの裏にあるのは何か。草食投資隊の3人が、今の銀行の置かれた苦しい状況を解説、未来を予測します。

このままでは、将来はもっと大変なことになる?

中野:いよいよ来たな、という感じですね。みずほフィナンシャルグループをはじめとして、3メガバンクが大規模リストラを打ち出してきました。今のところ出ている数字としては、みずほフィナンシャルグループが1万9000人規模、三菱UFJフィナンシャルグループが9500人規模、三井住友フィナンシャル・グループが4000人規模の労働力を、それぞれ削減する計画です。

渋澤:ひと昔の感覚ではありえないことでしょうが、今の時代では当然の流れでしょうね。

中野:新聞などでも報道されていましたが、金融とITが融合した「フィンテック」が広がり始めて、いよいよ銀行も人減らしをするしかないということですね。みずほフィナンシャルグループは今後10年をかけて1万9000人を削減するということですが、正直、これらの措置そのものは、見かけの数字ほどは大したことはない話ですね。

むしろ、これからもっとひどい状況になっていくでしょう。寂しい話ですが、銀行の店舗に行くと、「この人、何のためにいるの?」という銀行員を大勢見かけます。今だってそうですが、これからは家賃の振り込みなんて窓口は不要で、すべて自動化されるでしょうし、店舗をウロウロしているだけのおじさん行員なんて、はっきり言って無用です。銀行のビジネスモデルは大転換期に突入したということでしょう。

企業価値だけでなく、物事の本質を見極める力がある。「草食投資隊」が個人投資家から支持されている理由はここにある(左からセゾン投信の中野晴啓社長、レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長兼CIO、コモンズ投信の渋澤健会長)

渋澤:メガバンクでも地方銀行でも、優秀な人は大勢いるのです。しかし、それを生かし切れていない組織体制の問題はありますね。

藤野:現在の銀行の収益構造を見ると、住宅ローン、保険、投資信託というリテール(一般消費者向け)営業が実質的な3本柱なのですが、銀行内部では、相変わらず法人融資が銀行ビジネスの華と思われていて、リテールの部署に対するリスペクトが感じられません。それなのに、リテールはノルマが厳しく、キャリアパスもない。本当はとても優秀な人たちなのに、精神的にきつくて、そんな組織に嫌気が差して辞めてしまう人が後を絶ちません。メガバンクが大リストラを始めたのは、それなりにニュースではありますが、すでに銀行組織自体がガタついていて、早晩、組織を見直さざるをえない状況に直面しているのは事実でしょう。

首脳は危機感を感じていても、その下がダメすぎる

中野:メガバンクは、今の銀行が抱えている組織の問題について、かなり積極的に反応しています。今回の大リストラにしても、みずほフィナンシャルグループだけでなく、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループの3メガバンクがほぼ同時に発表しました。で、私はこの大リストラ発表については、経営陣から現場へのメッセージではないかと思っているのです。

 

藤野:確かに。「このままだとメガバンクは危ない」ということを、経営陣はわかっているのだと思います。ただ、残念ながら一部の取締役クラスや、現場を仕切っている支店長クラスに危機意識が感じられない。そこに対して、もっと危機感を持てと、経営陣は警告しているのかもしれません。

渋澤:危機感のない支店長クラスは、このままじっとしていれば、いつか自分も役員の席に座れると期待しているからでしょう。せっかく支店長にまで上ってきたのに、ここで変な危機感を抱いて自らアクションを起こし、失敗して出世の道を絶たれるくらいなら、つつがなく過ごして、役員になれる道を選ぶという考え方なのだと思います。

関連記事