自民党福井県連会長人事を巡る福井市支部の緊急役員会であいさつする稲田朋美支部長(中央)=18日、福井市の県繊協ビル

 一方、党員の中には稲田氏の言動に違和感を抱く声もある。「山崎氏と高木氏のどちらが良いかということではなく、選挙を封殺するのがおかしい」と訴えている点に、県連関係者の一人は「稲田氏は高木氏の推薦人である以上、山崎氏への異議申し立てとしか受け取れない」と語る。

 別の関係者は、福井市支部が会長人事の仕切り直しを県連に申し入れることについて「総務会や選管の手続き通りに定期大会で決められたことを、国会議員が党員を巻き込んで覆そうとするなんて前代未聞」と憤慨した。さらに「稲田氏と高木氏、滝波氏は県連を混乱に陥れた。執行部の新体制が決まったら厳しく処分すべき。そうでなければ悪(あ)しき前例になる」と述べた。
 

関連記事