福井県あわら市の橋本達也市長

 公務中に市長室で女性に不適切な行為を行っていた問題で、福井県あわら市の橋本達也市長は18日、市役所で会見を開き、今年8月15日にあわら市内で女性と女性の夫から示談金名目で5千万円を要求されたとして、女性と女性の夫を恐喝未遂容疑で近く告訴する方針を明らかにした。進退に関しては熟慮中とした。

 ⇒【関連】市長に辞職勧告へ

 橋本市長が公務中の市長室で女性に抱きついたり、キスしたりするなどの不適切な行為をし、この女性側に対し詫び状を書いていたことが11日に発覚。橋本市長は福井新聞の取材に「女性とは合意の上だと思っていた。恥ずかしい話だが軽率だった」と話していた。

 女性に手渡したわび状については、女性の夫に求められて書いたと説明。今年8月には女性と夫から多額の示談金を求められたことも明らかにしていた。

 相手の女性は14日、福井新聞の取材に応じ、市長室での行為は合意だったことなどを改めて否定。市長に好意を持ったことは一度もなく、不適切な行為を喜んだことも「全くない」と断言。「公の場でうそを認め謝罪してほしい」と訴えている。

 橋本市長は早稲田大法学部卒。旧芦原町議会議長やあわら市議2期を務め、2007年4月に市長に当選した。現在3期目。

関連記事
あわせて読みたい