停車していた名古屋駅から車両所へ向かう、台車に亀裂が見つかった新幹線の1〜13号車=18日未明(JR東海提供)

 博多発東京行き新幹線の台車に亀裂が見つかった問題で、JR東海は18日未明、名古屋駅に停車したままになっていた車両を7日ぶりに撤去し、同日の始発から14番線の使用を再開した。これまで上りは15番線のみで運行し一部で遅延が生じていたが、正常運行に戻った。

 JR東海によると、14番線に残っていた1〜13号車を18日未明に名古屋市内の車両所まで自力走行させた後、線路を点検した。

 新幹線を撤去するため、15日から14〜16号車を移し、亀裂が見つかった13号車の台車を交換。17日は、残る車両の移動に向けた安全確認作業を続けていた。

関連記事
あわせて読みたい