【10年前のきょう・2007年12月18日】農林水産省は十八日、農山漁村で受け継がれているふるさとの味を「郷土料理百選」として発表した。本県からは「越前おろしそば」と「さばのへしこ」が選ばれた。このほか選出されたのは、各都道府県から二、三品ずつ。「いも煮」(山形)や「馬刺し」(熊本)など郷土色豊かな九十九の料理で、最後の一品は「それぞれ自分のイチオシの料理を加えて百選にしてほしい」(選定委員会)としている。


 郷土料理百選は、都道府県から推薦のあった約千六百五十料理の中から(1)農山漁村での歴史、文化的な価値(2)保存・継承への努力―など五項目を基準に、料理の専門家や旅行関係者らによる七人の選定委員が、一般からのインターネット投票結果も参考に投票で決めた。


 「かつおのたたき」(高知)や「信州そば」(長野)など全国的な知名度を誇る料理から、佐賀県白石町に五百年間伝わる押しずしの「須古寿し」など地域独特の料理も選ばれた。

関連記事